ビリヤードポータルサイト
ビリヤード専門ドットコムタイトル
はじめに
  ビリヤード専門ドットコムとは
  ビリヤードとは
ビリヤードの基本
  ビリヤードルール
  ビリヤード用品
  ビリヤード用語
ビリヤードの実践
  ビリヤードテクニック
  ビリヤードプロ
ビリヤードのリンク集
  ビリヤード場リンク集
  ビリヤード店リンク集
  ビリヤード団体リンク集
  ビリヤードサイトリンク集
ビリヤード書籍紹介
ビリヤード専門ドットコムトップページテクニック一覧手球のどこを撞くかによって球の動きが変わる!
    手球のどこを撞くかによって球の動きが変わる!
撞くポイント
手球を撞く点(撞点/どうてん)は右の図にあるとおり、9つあります。この撞点のどこを撞くか
によって、手球の動きに変化を与えることができます。そのもっとも基本となるのが
「中心撞き(センターショット)」です。これは最も基本的で大切な撞き方ですが、ブリッジの
高さを手球の中心にあわせると、あとは水平にキューを振れば正しく中心撞きができます。
ここで9つの撞点をそれぞれ紹介します。
  1. 中心撞き
  2. 押し球
  3. 引き球
  4. 右ひねり
  5. 左ひねり
  6. 右ひねり押し球
  7. 左ひねり押し球
  8. 右ひねり引き球
  9. 左ひねり引き球

撞き方の注意<キューが斜めに入るとダメ!>
手球を「水平に」撞かなければいけない理由として、もし斜めに手球を撞くと
左図のように中心を撞いたつもりがB引き球を撞いていることになってしまうから
です。結局、撞点は撞いたキューの方向と球の垂直線の交点であることを
理解してください。

 

 

 

<中心撞きの練習>
自分がキューを水平にストロークしているかどうかは、なかなか自分では気づきにくいものです。そのチェックとして
よいのは下の図のように撞いて、手球の動きを見て判断することです。つまり、手球の中心を水平に撞くつもりで
ストロークし、クッションでの跳ね返り方が真っ直ぐ戻ってくれば(理想は帰ってきた手球がストローク後のタップの
部分に戻ってくるくらい)、水平に中心を撞けているといえます。
逆にクッションした手球が違う方向に行ってしまうと、何かひねりが加わっていると考えられます。

センターショットの練習

<中心撞きしたときの手球の動き>
手球の中心を撞くと、はじめは無回転でテーブルを転がっていきます。ところが、いつまでも無回転というわけではなく、
しばらくすると前回転に変わります。どこで無回転から前回転に変わるかといえば、それは撞く強さによって変わります。

センターショットしたときの手球の動き

<ストップショット>
この無回転の状態で手球が的球に当たると、手球は的球に当たった後ピタっと止まります。これがストップショットです。
このショットが最も基本であり、応用も幅広いです。

ストップショット

 

Copyright billiard-senmon.com All Right Reserved.